吉野川の宿泊 ラフティング・大歩危小歩危祖谷かずら橋・高知観光の宿泊に! 誰もが童心に返ることのできる素泊まり宿 ー高知県大豊町ー

ごあいさつ

みどりの時計台へようこそ

2000年にラフティングがきっかけで高知県・大豊町に移住し、
四国・吉野川をのんびり川下りしていた時に、初めてこの校舎に出会いました。

とんがり帽子のみどりの屋根
古いけど懐かしい木造の校舎
こじんまりとした運動場
吉野川を見下ろす田舎の風景

長年にわたりたくさんの児童を送り出してきた歴史と、それを見守ってきた地域の人々の思い。
それらを大切にしながら、長きにわたり愛される場所にしたい。
そんな思いで、2006年に宿泊施設「学校に泊まろう!みどりの時計台」をオープンすることになりました。
忘れかけている純粋な気持ちを思い出し、誰もが童心に返ることのできる素泊まりの宿「学校に泊まろう!みどりの時計台」をよろしくお願いします。

校長先生:野田由美子
用務員さん:野田正樹

2shot

 icon-youtube-play 高知テレビで「みどりの時計台」が紹介されました

k25_2

校長先生(ゆみ)その名の通り、みどりの時計台を仕切る大ボス。
出身は、富山県黒部市。四国に来るまでは、ウインタースポーツ(スキー、スノーボード、テレマーク)が趣味でした。ラフティングガイドになったのがきっかけで、高知県・大豊町に移住。現在はラフティングガイドを引退し、カヤック、トレッキング、クライミング等を楽しんでいます。
クライミングの技術を活かた特技は、木登りと枝の剪定!? DIYも大好きで、校舎のあちこちは、校長先生が改修したとか...。

用務員さん(まさき)いつまでも童心のままの、用務員さん(笑)。
出身地の大阪弁がいまでも抜けない(忘れられない)・・・。
ラフティングガイドがやみつきになって、都会のネオンに別れを告げることを決意。
現在はガイド生活を引退し、本人いわく「心も体もまぁ~るくなった」とか・・・。
最近は校長先生をかげから操ろうと模索中らしい(笑) ラフティングの魅力を語らせたら、一晩では足りないかも!?

PAGETOP
Copyright © 学校に泊まろう!みどりの時計台 All Rights Reserved.